FC2ブログ

Fine is fine.

現実とドラゴンクエストXの世界の薬を練合して、ご紹介いたします!

ニュービーは滑り込む…!

2017/11/27 08:02 ジャンル: Category:Doragon Quest Rivals.
TB(-) | CM(0) Edit

 こんにちは!
 DQXのver4の開始やどうぶつの森に気をとられがちですが、ドラクエライバルズも今月配信されたばかりのゲームなんですよね。つい先日、100万ダウンロードを突破したとか。
 ライバルズで遊ぼうか悩んでいらっしゃる方や、ダウンロードして以来触ってない方、とりあえず特典を受け取っておくだけでもやっておくと良いかもしれませんね。


 ランクマッチもできたら遊んでみましょう!


 大丈夫です。私なんかまだここにいます。


 という訳で、ニュービーが送る第2段の記事です。ニュービーって複数形になると洗剤っぽくなる気がしませんか?





スポンサーサイト

あとがき?

2017/11/24 13:22 ジャンル: Category:遊んだ記憶
TB(-) | CM(0) Edit

 こんにちは!
 先の2つの記事、お楽しみいただけたでしょうか?
 え?何か良くわからなかったって?まぁ、そう言うこともありますよね!
 ご存知で無い方の方が多いとは思いますが、現在「キノの旅」というライトノベルがアニメ化されていまして、それがなかなか良かったので原作の作風に合わせて書いてみました。
 ライトノベルと聞くと、やたらタイトルが長かったり、やたらと異世界に飛ばされたり、やたらと男女比率が女性よりだったりといった印象があるかもしれません。
 キノの旅はそんなライトノベル界隈では割りと異質な方で、物語が人間のキノ(女性)とモトラド(バイク)のエルメスを中心に、1話完結で綴られています。ある意味男女比率は女性寄り。


 現在21巻まで出ています。


 1巻は2000年初版…!


 中学生の頃、友人に勧められてからその世界観にはまってしまって、ずっと読んでいます。変わった世界観の物語が好きなのですよね。
 人生の教訓になりそうな話から、世の中の物事を明後日の方向にとらえた話まで多種多様で、なかなか飽きの来ない作品です。あと、作者の方の後書きが楽しかったり。

 アニメ化に先だって、マンガ化もされていますので、ライトノベルに抵抗のある方はそちらも。私はキノの旅に関しては小説派です。読みながら情景を想像するのも楽しいものです。

 最後に、原作ファンの方がいらっしゃいましたらごめんなさい。クオリティの低い文章とコスプレでしたので。
 コスプレに関しては似せようと思ったのですが、なかなかいい感じのものがなくてですね…。
 私の自己満足でもあるので、御容赦下さいね。


 本日は天地雷鳴師クエのアサヒとの出会いの場面がありますので、一応ネタバレ注意です。




フィーネの旅 the strange world 【同じ穴の中で a】

2017/11/18 18:19 ジャンル: Category:遊んだ記憶
TB(-) | CM(0) Edit

「舗装された道路!見通しの良い景色!素晴らしい道路だね、フィーネ!」
「そうだね、ケイト。私も転ばなくて済みそうだよ。」
「路肩に街灯があるのも良い!国同士の戦争が起こったら良い道標だね!」
「私たち旅人にとっては嬉しいけれどね」
「そういえば、この先にあるのはどんな国なんだっけ?」
「さっきの商人の話だと、2つに別れてしまった国の内の1つなんだって。」
「へー。何でまた?」
「さあ…。ただ、その商人に言わせてみれば…。」
「言わせてみれば?」
「どっちもどっち…らしい。」
「何で?」
「それは…行ってみたらわかる。かも。」








フィーネの旅 the strange world 【同じ穴の中で b】

2017/11/15 08:27 ジャンル: Category:遊んだ記憶
TB(-) | CM(0) Edit

 どこまでも、どこまでも続いているような砂漠の丘陵地帯を、1台のモトラド(注・一輪車。空を飛ばないものだけを指す)が走っていた。
 砂の丘は地平線から高くそびえ立ち、そんな丘がいくつも並んでいる。
 道らしい道もなく、ただひたすらに続く砂の大地は、日差しを浴びて熱を放ち、風を受けて舞い上がっていく。
 モトラドには荷物が積まれておらず、砂に埋もれてしまわないように慎重に、軽快に、砂の上を滑るように走っていく。




 ハンドルを握るのは、十代中頃に見える若い人間だった。黒いパンツとジャケット、目には銀色のゴーグルをしていた。
 モトラドを走らせながら、運転手が言う。
「広い砂漠だね。さすがに飽きてきたよ。」
「今さらだね、フィーネ。僕はもう昨日から飽きていたよ。」
 モトラドはそう返した。
 大きな丘を登りきったところで、遠くに建物の影が見えてきた。
 フィーネと呼ばれた運転手が言う。
「やっと見えてきたよ、ケイト。」
「ようやくだねえ。部品のあらゆるところが砂だらけだよ。」
「私も。髪の間にどれだけの砂が挟まってることやら。」
「ちゃんと帽子被らないから。熱射病にでもなって干からびたら、誰が僕を運転するのさ。」
「その時は…一緒に砂に埋もれるだけだよ。」
 ケイトと呼んだモトラドのアクセルを調節し、慎重に丘を下っていく。平らな砂漠の上に、砂に埋もれた城門が見えてきた。






ドラクエライバルズにニュービーする?

2017/11/07 12:27 ジャンル: Category:Doragon Quest Rivals.
TB(-) | CM(0) Edit

 こんにちは!
 去る11月2日からドラゴンクエストライバルズがサービス開始となりましたね!
 …と言っても初日から数日間はメンテナンスが続いたために、アプリがフリーズするどころかログインすら儘ならない感じでしたけれども。
 現在ではだいぶ落ち着いて、特に問題はなく遊べている気がします。


 タイトル画面はお馴染みの音楽!


 キラーン☆


 記事タイトルの「ニュービー」とは、“Newbie”や“Newbee”と綴られるスラングであり、“新参者”や“初心者”の意味があるみたいですね。
 以前のβテストの時点でも書いた気がしますが、私は今までほとんどカードゲームをしたことがないのです。トランプくらい。
 そんな私ですけれども、ドラゴンクエストライバルズを楽しんでいきたいと思います!




プロフィール

フィーネ

Author:フィーネ
 
 ドラゴンクエスト10(DQX)&日常等々を綴っていくブログです!
 DQXは初期から始めて一時休止の後、ver 3.5からの復帰組。

― ゲームもお薬も、用法用量を守って正しくお使いください。 ―

ガタラ住宅村 水没遺跡地区
 285丁目の6番地

Twitter:Fine@DQX_Ph