FC2ブログ

Fine is fine.

現実とドラゴンクエストXの世界の薬を練合して、ご紹介いたします!

アストルティア薬草学 第9限 【立ち向かえ!免疫達!】

2018/03/16 09:04 ジャンル: Category:アストルティア薬草学
TB(-) | CM(0) Edit

 お久しぶりです!
 だいぶ春めいてきたなぁ…と思ったら、また少し寒くなってきましたね。

 日本では冬になると「インフルエンザ」という感染症が猛威を振るうのですけれども、ようやく終息してきたようです。今年は例年よりも多かったようですね。
 まだ油断は禁物ですので、手洗いやうがい、人混みでのマスクの着用などは忘れずに。


 復活!


 麻黄湯はしばらく見なくていいかな…。


 さてさて、皆様の中にはインフルエンザじゃなくても、マスクを手放せない方が増えてこられたのではないかと思います。
 本日は「アレルギー」について、その序奏となります!





スポンサーサイト

アストルティア薬草学 補講 【Rainbow Grasses.】

2018/01/08 23:41 ジャンル: Category:アストルティア薬草学
TB(-) | CM(0) Edit

 こんにちは!
 お正月、楽しい時間はあっという間でしたね。美味しいものを食べながら、ゆっくりと過ごせる時間は良いものです。


 七厘で焼くお餅もなかなかですね!


 寒いけれども…。


 さて、本日も前回に引き続き日本の文化を紹介してみたいと思います!






アストルティア薬草学 補講 【屠蘇を嗜んでみる】

2017/12/29 18:57 ジャンル: Category:アストルティア薬草学
TB(-) | CM(0) Edit

 こんにちは!
 ずいぶんとお久しぶりな気も致しますが、これが今年最後のアストルティア薬草学の講義になりそうです。しかも補講ですけれども。
 アストルティアでも、日本でも、冬は風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が1番増える時期です。私も招集されていたので、なかなか時間が作れなくてですね…。


 ……。


 (放心。)


 さて、本日はまもなく訪れる新春にちなんだものです!アストルティアはあんまり関係ないのですけれども。






アストルティア薬草学 第8限 【メラゾ熱と麻黄湯】

2017/10/03 23:35 ジャンル: Category:アストルティア薬草学
TB(-) | CM(0) Edit

 こんにちは!
 秋の夜長、特に9月と10月は夜の時間が長く感じられる時期だそうです。涼やかな気候や虫たちの歌う声に身を委ねると、いつまででも楽しんでいられる気がするからかもしれません。


 さて、日本でマダニがまた話題に上がってきていますね。秋になって山菜刈りや紅葉を見に、山等へ赴く機会が増えていく時期です。

アストルティア薬草学 魔界生物学【マダニとSFTSウイルス】

 以前の魔界生物学で取り上げたのはSFTSウイルスでしたが、マダニはそれ意外にも「日本紅斑熱」「ライム病」「Q熱」など様々な病原体を媒介しています。
 マダニによる被害は西日本が中心ではありますが、マダニ以外にもダニの仲間である「ツツガムシ」からの感染症はマダニと違って外観では気がつきにくいため注意が必要です。
 何よりの対策は不用意に茂みに近づかないこと、噛まれないことに尽きます。肌を露出しないことや「ディート」か「イカリジン」を含んでいる虫除けスプレーを使うなど、対策は怠らないでくださいね!
 もしマダニに噛まれてしまっていた場合は、病院へ行って取ってもらいましょう。自分で無理矢理取ると、マダニの口が皮膚に刺さったままになったりしますよ?
 そして1~2週間程は体温などに気を付けて、体調の変化を見落とさないようにしてくださいね。


 本日の舞台はこちら!


 雨降りDAY!


 それでは、本日のお話と参りましょう!






アストルティア薬草学 補講 【油と水の瀬戸際で。】

2017/09/14 08:34 ジャンル: Category:アストルティア薬草学
TB(-) | CM(0) Edit

 こんにちは!
 気がつけばもう9月も一週間経ちました。早いものですね。窓際で秋の夜風を感じながらうたた寝するのが、何故か日課になりつつあります。

 アストルティア薬草学研究所に水車を設置いたしました!できたら小川みたいなのもあるといいのですけれども、これはこれで見ていて飽きないものです。


 井戸の家も素敵なのですけれどね。


 研究所っぽくはないかな…なんてね。


 さて、本日の講義は薬草は取り扱いませんが、薬草や薬などを扱う上での基礎となるお話です。
 皆様にとっても身近なビタミン類を題材にしています。






プロフィール

フィーネ

Author:フィーネ
 
 ドラゴンクエスト10(DQX)&日常等々を綴っていくブログです!
 DQXは初期から始めて一時休止の後、ver 3.5からの復帰組。

― ゲームもお薬も、用法用量を守って正しくお使いください。 ―

ガタラ住宅村 水没遺跡地区
 285丁目の6番地

Twitter:Fine@DQX_Ph